魚編に周で鯛(たい)
〜鯛の旬は桜の季節(2月から4月)〜


漢字の由来:「鯛」は、中国語でも日本語でも同じ「タイ」のこと。魚へんに周の鯛を「たい」と読む。日本では、旁(つくり)の「周」にかけて「全国の周囲どの海でも周年とれる」からと言われている。訓読みが「たい」、音読みが「チョウ(呉音・漢音)」。

鯛の旬は、鯛が5月頃に産卵するので産卵期直前の桜の季節(2月から4月)です。この時期の鯛を「桜鯛」と言って珍重されます。 しかし、明石海峡あたりでは9月あたりから脂が乗り始め10月からが本当に美味しい2回目の時期を迎えます。


■【鯛:たい】スズキ目タイ科
・マダイ、クロダイ、キダイ、チダイ、ヒレコダイ、イシダイなど
・高級魚。刺身、塩焼き、煮付け、兜煮、鯛味噌、蒸し焼きなど
・ことわざ。海老で鯛を釣る、鯛の尾より鰯の頭、腐っても鯛

鯛のレシピ集 - COOKPAD
鯛のレシピ。味も姿もいい鯛はお祝いごとに欠かせない人気のお魚。 旬は、真鯛は4〜6月と10〜12月、ち鯛は10〜12月。 上品な鯛だけに、洋風なレシピが光ってます!

淡路島天然真鯛 - 海の商人 (有)ヤマグチ
通販オンラインショップ: 厳選された食材を使用するこの楽天ラウンジの企画に昨年に引き続き今年も当店の魚が採用されました。 タイのタイは、持っているとお金に不自由しないといわれ、かって大阪の花柳界の女性たちは決まって懐にしのばせていたとか。

男の料理”鯛”ページ
食材として日本人に最も人気の高い魚。姿形も良く、食味も良い。男の料理には1番の魚だと思う。しかしなかなか大きな鯛は釣れない。

鯛 - Wikipedia
鯛(たい、タイ)とは、広義にはスズキ目スズキ亜目タイ科の総称、狭義にはタイ科のマダイ Pagrus major を指す。

刺身、昆布締め、塩焼き、煮付け、蒸し焼き、干物、混ぜご飯など様々に調理される。食通の間では、唇の肉や頬肉、カマ(胸びれのつけ根)などが特にもてはやされる。

「鯛の鯛」は肩甲骨と烏口骨の二つがつながってできている。 この風変りな形をした骨、古くは江戸時代の書物の中に「鯛中鯛」として紹介されている。 特に昔から珍重されたマダイの物が、形も美しい。鯛と同じ形をしていて、肌身離さず持ち歩くと金運が豊かになる、という言い伝えがある。



前のページ旬の魚魚へん漢字難読魚名出世魚春夏秋冬魚の諺寿司ネタ

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--u8jta8d.jp/">○○○○○○○ さかな.jp</a> のような形式でお願いします。
©2004-2016 さかな.jp | プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ