読み方: 蝦蛄・青龍蝦(シャコ)
〜シャコの旬は、春から初夏〜


■概要
シャコ(蝦蛄、青龍蝦)は、軟甲綱 トゲエビ亜綱 口脚目・シャコ科に属する甲殻類の1種。寿司ダネなどの食用種としてよく知られる。別名にガサエビ、シャッパなど。

エビよりもアッサリとした味と食感を持つ。旬は産卵期である春から初夏。寿司ダネとすることが最も多い。捕脚肢の肉は「シャコツメ」と呼ばれ、軍艦巻きなどにして食べられることが多く、一尾から数や量の取れない珍味。産地では、塩ゆでにして手で剥いて食べたり、から揚げにすることが多い。


■【蝦蛄・青龍蝦:シャコ】軟甲綱トゲエビ亜綱口脚目シャコ科
・体は偏平、頭部にはカマキリのような鎌状の大きな捕脚が一対ある
・寿司ダネ、塩ゆで、から揚げなど
・千葉県勝浦市の防波堤などで投げ釣りで釣れる

通販:活シャコの産地直送販売
当店1番人気の商品です!風味はエビやカニに近く、美味。名前の由来は、茹でた時にシャクナゲの花に似た紫褐色になることから。

シャコ - 市場魚貝類図鑑
東京湾や瀬戸内などが有名であり値段も高いのであるが、近年は漁獲量が減っている。それに変わって登場しているのが北海道石狩湾産。



前のページ旬の魚魚へん漢字難読魚名出世魚春夏秋冬魚の諺寿司ネタ

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--u8jta8d.jp/">○○○○○○○ さかな.jp</a> のような形式でお願いします。
©2004-2016 さかな.jp | プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ