読み方: 細魚・針魚(さより)
〜細魚の旬は、3月から5月〜


■概要
サヨリ(細魚、針魚、学名:Hyporhamphus sajori)は、ダツ目・サヨリ科の海産魚。沿岸の海面近くに生息する細長い魚で、食用魚でもある。

春から秋にかけて漁獲されるが、旬は3月から5月にかけてとされる。刺身、寿司だね、椀だね、天ぷら、塩焼き、干物などに料理され、白身の高級魚として扱われる。刺身など非加熱で調理するときは、たて塩にすると持ち味の甘みが引き立つとされる。


■【細魚・針魚:さより】ダツ目サヨリ科
・全長は最大40cmほどで、同じダツ目のサンマとよく似た細長い体型
・料理:刺身、寿司、天ぷら、塩焼き、干物など。白身の高級魚
・腹膜は真っ黒で俗に「見かけによらず腹黒い人」の代名詞とされることもある

サヨリの捌き方〜図解
さて今回はパパとのコラボ企画〜♪ドンドンドンパフパフ♪〜我が家のブーム「サヨリ」の捌き方について、図解したいと思います♪我が家では、お魚を「捌く」のはパパの担当です。

さよりの刺身 - COOKPAD
さよりは細長いから、さばくのが難しい。さよりは腹の中をきれいに洗うこと。途中、まな板を何回も洗わないと身に臭みが移る。



前のページ旬の魚魚へん漢字難読魚名出世魚春夏秋冬魚の諺寿司ネタ

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--u8jta8d.jp/">○○○○○○○ さかな.jp</a> のような形式でお願いします。
©2004-2017 さかな.jp | プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ