魚編に神で鰰(はたはた)
〜ハタハタの旬は、卵を持つ11月末から1月〜


漢字の由来(国字):「鰰」は、日本で作られた国字。ハタハタは「雷のよく鳴る季節に産卵のため沿岸に押し寄せること」から魚へんに神(雷の意味)を旁(つくり)にあてた。訓読みが「はたはた」、音読みが国字なので無し。


■【鰰:はたはた】スズキ目ハタハタ科
・カミナリウオの別名。泥や砂の海底に生息する深海魚。
・秋田県の県魚。しょっつると呼ばれる魚醤が有名
・塩焼き、田楽、ハタハタ汁、ハタハタ寿司(なれずしの一種)など

ハタハタの弾ける食感 - 干物通販おいで屋
ハタハタと言えば秋田が有名ですが、ここ山陰でも良質のハタハタが水揚げされています。 その品質はハタハタの本場、秋田からも買い付けが入るほど高く評価されています。

ハタハタ文化 - 美食・秋田の食文化
「秋田名物八森ハタハタ、男鹿で男鹿ブリコ」と秋田音頭にも謡われたハタハタは、江戸時代以前から秋田の食卓になじみの深い魚である。 冬の雷が鳴る頃にハタハタが沿岸に集まるので、別名「カミナリウオ」とも呼ばれている。

宮城・福島からはたはた釣りに行く
酒田北港早朝からいよいよハタハタが釣れ始めました火力、水路、砂防と釣れていました。

ハタハタ - Wikipedia
食べ方は塩焼き、田楽、ハタハタ汁など。 ハタハタ寿司はなれずしの一種で、保存食となる。



前のページ旬の魚魚へん漢字難読魚名出世魚春夏秋冬魚の諺寿司ネタ

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--u8jta8d.jp/">○○○○○○○ さかな.jp</a> のような形式でお願いします。
©2004-2017 さかな.jp | プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ